えもぷのまだまだ頑張る日記。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えもぷのまだまだ頑張る日記。

失恋したての独身30代女性が人生をバラ色にするため、日々頑張る日記です。 何もお役に立てませんがよろしくお願い致します。

人生初の婚活パーティーをレポ

婚活パーティーのレポをするよ。

わたくし、人生初の婚活パーティーに行ってきました!どんな感じだったかご報告いたします。 

パーティーの概要

まずはパーティーの概要から。

会費:女性3,500円/男性7,000円
人数:12人対12人くらい。
内容:
1. それぞれのプロフィールの閲覧や、カップルになりたい人をお知らせできたりするアプリが入った婚活パーティー専用のiPadを渡され、女性は半個室の部屋に入って、男性を待つ。

2. 男性がその部屋を順々に回って話していく。1人で5分でそれを12人全員と。

3. 全員と話し終わると「いいね!」をiPadから3人に送ってアピールする。結果、誰が自分に「いいね!」を送ってくれたのかわかる。

4. その後にカップルになりたい人を5人まで送信して、相手もカップルになりたい!と言ってくれればカップル成立。

こんな感じの流れ。
要は5分喋って、誰かを選ぶっていうシステム。
立食パーティーみたいなのを想像していたのでなんかがっかりしました。

結果

5分間タイム

話してみた感じ、12人のうちの半分くらいはまあまあいい感じでした。

年収も書く欄があって1000万円オーバーが2人。職業は信託銀行営業、薬剤師、司法書士、システムエンジニア、法人向けパソコンの営業、Webクリエーター等で、年齢は32から42歳くらいでした。

中にはうーん、5分話すの辛い、、っていう方もいたのですが、ほとんどの皆さんが優しい方ばかりで、初参加でもまあまあ楽しめました。

正直に大学院卒と書いてしまったので、え?院卒?何を勉強してたんですか?というところや、住んでいる場所、食べ物、お酒の話をしました。

「結構飲むんですか?」「あんまり量を飲めないんですが、お酒が好きなのでちょびちょび飲んでいるんですぅ♪」←大嘘。
って会話を多分8回くらいしました。笑

しょくぱんまんとカップル成立。

そして、「いいね!」を送る時間になりました。

わたしは一番ノリが良かった方と家が近かった人、1番年収が高かったひとに「いいね!」しましたが、彼らはだーれもわたしに「いいね!」をくれませんでした、、

そのかわり、他の方から5人「いいね!」をもらいました。

なんか人の情報が多すぎて誰が誰なんだかちょっとわからなくなってきてしまいます。。 

その結果を踏まえて今度はカップルになりたい人を5人選びます。

わたしは最初に「いいね!」を押した3人と、「いいね!」をくれた人の中から良さそうだった人を1人選んで合計4人を送信しました。

ぜーんぶiPadでやるのがすごい。 しばらく待つと結果がiPadに出てきます。

わたしは「いいね!」をくれた人の中から選んだ方とカップルになりました。
この人は顔が四角だったので、これからしょくぱんまんと呼びます。

カップル成立のその後。

カップルになると、エレベーターの前で待ち合わせて一緒に下までおります。
連絡先の交換をするのかな?と思ったら、このあと食事に行きましょうか?とお誘いがあったのでちょっくら行ってみるとこにしました。

パーティーが終わったのは19時。そっか。こういうことなのか。なんかすごいシステムだなぁと思いました。

しょくぱんまんとデートする。

しょくぱんまんと2人でどこに行きましょうか?とちょっとぶらぶら。

飲食店ビルみたいなところがあったので、その中からわたしがチーズと燻製の専門店というところを選びました。、

 で、そこから結構長く飲んだのですが、しょくぱんまんはどうも変な人だったのです。。

スペック

まずはしょくぱんまんのスペックから。
37歳、早慶のどちらか大卒。司法書士。東京出身。身長170センチ。優しそう。
独立して事務所を構えて7人の社員を雇っている。

年収は平均して1,000万くらい。去年は事務所移転のために去年の年収が少なかったため、プロフィールには正直に去年の年収700万と書いていた。

顔も悪くないし、笑顔も素敵♪あれ?いい感じじゃないか?

しかーし性格に難あり!

しょくぱんまんは、わたしの見た目をエラく気に入ったらしく、ダメ元でわたしにカップル希望を押したらカップルになっちゃって正直困惑してますと言っていました。
サクラだと思ってたとも言ってました。

最初に言っておきますが、わたしの見た目は普通です!!なのに!!

「テレビの仕事してましたか?」
「沢尻エリカみたいです。見とれちゃいます。」
「ほんとうにサクラじゃないんですか?」
「えもぷさん婚活する必要あるんですか?」
「僕でいいんですか?」
「綺麗すぎて舞い上がってます」
「僕は、仕事上嘘はつきません!本気でお美しい方だと思ってるんです!」
「美術館の美しいものを見ているみたいな夢のような一日です。」

と、まあ褒める褒める。。というかこの話しかしていません。

で、結局、、

「僕なんてまじ畏れ多くてお付き合いとか無理っすわ。」となり、(あれ?わたしフラレてる。。)

わたしが今、資格の勉強をしていることを話したら、
「いやー、そんな必要ないっしょー。僕がえもぷさんだったら仕事なんてしないでお金持ちを見つけるなぁ、そっちのほうが楽じゃないですか。」

って言われたときに私の心がシャットダウン。ああ、なんかもう無理だなぁ。
褒められるのは嬉しいけれど度が過ぎると嫌な感じ。

しょくぱんまんを励ます会へ

37才の彼は、現在婚活中。 彼は婚活パーティーに5回くらい参加しているのですが、いいご縁がないそう。

「僕なんてチビでデブな人間は結局、結婚なんてできないんですかねぇぇ」

としょぼくれてきたので、一生懸命励ましました笑
そんなに見た目がやばい訳じゃないのに、なんでそんなに自分に自身がないのかなー。

「全然太ってないですよー。しかも女性はガリガリの男性が好きじゃない人のほうが多いと思いますけどねー。」

とか、内心
(なんでアタックしてくれないのかな、、全然いい人そうなのにな、、)

って思いながらしょくぱんまんを励まして解散しました。。

自信満々!自意識過剰みたいな人も嫌だけど、男性にはある程度スマートに口説いてほしいなぁ。
もともとカップル成立になった時点でわたしは彼を選んでるってことなのに。

就活の面接でもそうだけど、最初のデートで自分の短所は言わないこと!
一緒にこれがしたいな、とか今度ここに行きませんか?とかそういう会話がしたかったです。。

しょくぱんまんのその後

しょくぱんまんとは23時ごろまで飲み、ラインの交換をしたので、その日にご馳走様でしたとラインしました。おごってくれました。

わたしはなんだか不完全燃焼状態になり、その足で母とこの日の婚活パーティーの話を肴に地元で呑んだくれましたとさ。

「またご飯食べに行きましょうね」と一応ラインしたし、向こうからもなんか気合のテキストが返ってきたのですが、なんかもういいかな。

おわりに。

以上、今回初の婚活パーティーのレポでした。
いい社会勉強になったけど、もうとりあえずお腹いっぱい。胸いっぱい。
しばらくというか当分の間パーティーには行きません。

でも、出会いの場ということならすごくいいと思います!

ちゃんといい人がたくさんいたので、出会いたい方にはおすすめ。

しょくぱんまんさんがいい人と結ばれますように〜。

f:id:elifechan:20170130181844p:plain

おしまい。