えもぷのまだまだ頑張る日記。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えもぷのまだまだ頑張る日記。

失恋したての独身30代女性が人生をバラ色にするため、日々頑張る日記です。 何もお役に立てませんがよろしくお願い致します。

ケッコンするということ。

ケッコンとは

衝撃的なことを言われた。

よりを戻すか戻さないか考えさせて欲しいと言われていた元カレから衝撃的なことを言われた。

どんなに考えても、あなたとはケッコンできません。
ケッコンを考えると、リスクしか考えられません。
それでよければお付き合いを続けたいです。

だって。
ケッコンすると本人達だけでなく親戚とかも関係する話になり、となると、私が向こうの親戚の顔に泥を塗り屋号が汚される恐れがあるかららしい。

へーー。

なんだかわかりませんが、立派なお家のようで。

 

ケッコンのメリット?

わたしはもともと生涯独身でもいいかな、と思っていたようなタイプでケッコン願望はあまりなかったけど、だけど、付き合っていた人から全人格を否定されるようなことを言われると、頭に来て誰でもいいからケッコンしたくなってくる。

改めてケッコンについていろいろ考える。
ケッコンのメリットってなに?

ケッコン式?派手なケッコン式も2次会にも興味はない。身銭を切ってドレス姿をゲストの前に晒すなんてまっぴら。
養ってもらえるの?仕事は、できればおばあさんになるまでずっとしていたい。
そして家事は苦手。お手伝いさんを雇ってできれば自分ではやりたくない。
子供も大して欲しくない。
なんなら死んだらお墓もいらない。骨は合法ならごみ収集車に運んでもらってもいい。

専業主婦希望ならメリットはいっぱいあるのかもしれないけど、仮に仕事が男性の定年まで続けられるという保証がどこかにあるのだとしたら何でケッコンしなきゃならないんだろう。

いい年したババアが独身だと変な人扱いをされるのだろうか、だけど徹子さんはいつだってレジェンドだ。

 

病気になった時

あ、もし病気になった時や老後を考えると、ケッコンしていたほうが相手に頼れるというのはあるかもしれない。

寝たきりになったらどうしよう。私はあんまり相手に迷惑をかけたくないなぁ。

すごく優しい人だとしても、私が甘えきって頼りきった結果、もう嫌になって急に愛想をつかされることだって考えられる。
そしたら、その後自分が急に大変になってしまう。

老後だって一人は寂しい、だからケッコンしたほうがいいって言うけどさ、どっちかが死んでしまった後はもっともっと寂しくなって、そういう時のことは考えているんだろうか。

やっぱり自分にもしも何かあった時の為にケッコンするなら、なんでも一人で出来るだけやってみて、できなかったらしょうがない、というスタンスのほうが楽。

人の為に何かするのは全く嫌じゃないし、むしろやりたいほうなんだけど。

 

同棲とケッコン

私は悲しいかな、同棲すらしたことがない。人生の97%を実家で過ごしている。だから実際の同棲のことは全くわからないけど、同棲についても考えてみる。

よく同棲していたカップルがケッコンをせずに別れてしまうという話を聞くが、そりゃそうだろうと思う。

だって生活に違いはないもの。書面上はいろいろ変わってくるけど、一緒の生活は全く同じじゃん。(実は違うのかな、、)
だから同棲したからってケッコンすると思う方が間違いだと思う。

ただ、ケッコン前にお互いの空気感や生活リズムをしっとかないと後でそれこそ取り返しの付かない事になっちゃうから同棲も大事。

個人的には、同棲を始めた時に婚約、1年後にケッコンとかっていう流れがいいな。

 

ケッコンのデメリット?

私が言われたのは、「おまえとケッコンしたってデメリットしかない」ってことなんだけど、私にはデメリットってあまり考えつかない。
最初の役所の手続きが変わるとか?
相手の親戚付き合いも年3くらいなら余裕だし、その時に姑にこき使われても平気。(たぶん。。)
さすがに相手の親の介護とかだときついけど、それもケッコンって親とか兄弟が増えるってことだから仕方ないのかな、と思う。

こちらとあちらの財産については最初から外国みたいにプリナップを作っておけばいい話だから関係ない。

だから、私にとってはケッコンはメリットもデメリットもないってこと。
機会があればするし、しなかったからってジタバタするわけでもない。

結論!

あーでもない、こーでもないと言っている割に、私もたまには映画のようなケッコンに憧れる時もある。

メリットとかデメリットとかゲスな話題じゃなしに、単純に「好きだから一生一緒だよ♡」みたいな誓いに憧れる瞬間があるものだ。ハネムーンはヨーロッパのリゾートとかに行って、朝はマフィンを焼いたやつとか、お皿山盛りのフルーツをベッドの上で一緒に食べる、みたいなやつ。
その後すぐに腹の中の悪魔が「そんなのはじめの1年半だけだから」と囁くけれど。

まぁ、ケッコンとはどんなもんかっていうのは、一度経験して初めてきちんと批評もできるんだろうから、そろそろ婚活でもはじめよっかな〜〜。

結局、私もケッコンをしたいってことかもしれない。

 

f:id:elifechan:20160908163918j:plain